17日の上海総合指数は買い先行。前日比0.01%高の3347.151ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時40分現在、0.05%安の3345.367ptで推移している。上値の重い展開。堅調な経済指標を受け、追加の景気対策への期待が高まっている。一方、新型コロナウイルス・ワクチンの実用期待が再び高まっていることを受け、世界経済活動の早期正常化期待が高まっている。