新規買いは原資産の株価上昇が目立つサイバーエージェント<4751>コール143回 1月 7,000円を順張り、アドバンテスト<6857>プット162回 2月 6,500円を逆張り、バンダイナムコホールディングス<7832>コール55回 2月 10,750円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つ日本製鉄<5401>コール218回 1月 1,375円を逆張りで買う動きなどが見られる。



手仕舞い売りとしてはセブン&アイ・ホールディングス<3382>プット115回 2月 3,500円、日本電産<6594>プット125回 2月 11,500円、三菱商事<8058>コール199回 2月 3,000円、ダイキン工業<6367>プット112回 2月 25,000円、信越化学工業<4063>コール158回 1月 17,000円などが見られる。



上昇率上位は銀リンク債 プラス5倍トラッカー11回 2月 23米ドル(+11.5%)、銀リンク債 プラス5倍トラッカー9回 1月 23米ドル(+11.4%)、村田製作所<6981>コール180回 1月 9,000円(+10.9%)、村田製作所コール178回 1月 8,500円(+10.7%)、村田製作所コール176回 1月 8,000円(+10.6%)などとなっている。



(eワラント証券)