新規買いは原資産の株価上昇が目立つサイバーエージェント<4751>コール145回 1月 8,000円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つオリエンタルランド<4661>プット99回 2月 15,000円を順張りで買う動きなどが見られる。



手仕舞い売りとしてはファーストリテイリング<9983>プット262回 2月 85,000円、日経平均 マイナス3倍トラッカー57回 2月 29,500円、日経平均 プラス5倍トラッカー65回 1月 21,500円、富士通<6702>プット174回 2月 14,000円、ニアピン米ドルr2 1290回 1月 103円などが見られる。



上昇率上位は銀リンク債 マイナス3倍トラッカー10回 2月 27米ドル(+41.1%)、資生堂<4911>プット13回 1月 7,000円(+33.9%)、オリエンタルランドプット95回 1月 14,000円(+33.3%)、資生堂プット11回 1月 6,500円(+33.3%)、大成建設<1801>プット61回 1月 3,250円(+27.3%)などとなっている。



(eワラント証券)