新規買いは原資産の株価上昇が目立つ日本電産<6594>プット121回 2月 8,500円を逆張り、サイバーエージェント<4751>コール143回 1月 7,000円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つソフトバンクグループ<9984>コール554回 1月 9,000円を逆張りで買う動きなどが見られる。



手仕舞い売りとしては日本製鉄<5401>コール218回 1月 1,375円、太平洋セメント<5233>コール76回 2月 3,600円、野村NYダウ30連動ETF プラス5倍トラッカー9回 1月 25,000円、金リンク債コール298回 1月 1,900米ドル、日経平均プット1712回 2月 24,000円などが見られる。



上昇率上位は三井住友フィナンシャルグループ<8316>コール304回 1月 4,000円(前日比3倍)、太平洋セメントコール70回 1月 3,100円(前日比2.4倍)、ユナイテッド・ヘルス・グループコール8回 1月 400米ドル(前日比2.2倍)、ユナイテッド・ヘルス・グループコール6回 1月 375米ドル(前日比2.2倍)、太平洋セメントコール69回 1月 2,900円(前日比2.1倍)などとなっている。



(eワラント証券)