新規買いは原資産の株価上昇が目立つSUBARU<7270>コール97回 3月 2,400円を順張り、SUBARUコール98回 2月 2,600円を順張り、東海旅客鉄道<9022>コール12回 3月 17,000円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つ村田製作所<6981>コール184回 2月 9,500円を逆張りで買う動きなどが見られる。



手仕舞い売りとしてはエヌビディアコール95回 2月 700米ドル、日経平均 マイナス3倍トラッカー57回 2月 29,500円、ソニー<6758>プット320回 3月 10,500円、任天堂<7974>コール411回 3月 75,000円、イビデン<4062>コール77回 2月 5,600円などが見られる。



上昇率上位はマツダ<7261>コール86回 2月 850円(前日比2.7倍)、マツダコール84回 2月 800円(前日比2.3倍)、SUBARUコール100回 2月 2,800円(前日比2.1倍)、SUBARUコール98回 2月 2,600円(前日比2.1倍)、マツダコール87回 3月 850円(前日比2倍)などとなっている。



(eワラント証券)