新規買いは原資産の株価上昇が目立つ任天堂<7974>コール409回 3月 65,000円を順張り、国際石油開発帝石<1605>コール198回 3月 750円を順張り、住友金属鉱山<5713>コール248回 3月 4,250円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つ太平洋セメント<5233>コール77回 3月 2,600円を逆張り、バンダイナムコホールディングス<7832>コール51回 2月 8,750円を逆張りで買う動きなどが見られる。



手仕舞い売りとしては村田製作所<6981>コール189回 3月 10,000円、エヌビディアコール100回 3月 700米ドル、日本製鉄<5401>コール228回 3月 1,700円、エヌビディアコール97回 3月 550米ドル、楽天<4755>コール298回 3月 1,200円などが見られる。



上昇率上位は東京エレクトロン<8035>コール285回 2月 40,000円(+54.4%)、任天堂コール405回 2月 65,000円(+50.0%)、任天堂コール406回 2月 70,000円(+50.0%)、資生堂<4911>コール20回 2月 9,000円(+50.0%)、資生堂コール18回 2月 8,000円(+47.2%)などとなっている。



(eワラント証券)