新規買いは原資産の株価上昇が目立つブリヂストン<5108>コール101回 3月 4,250円を順張り、ソフトバンクグループ<9984>コール566回 4月 9,000円を順張り、ヤマトホールディングス<9064>コール80回 4月 2,800円を順張りで買う動きなどが見られる。



手仕舞い売りとしてはビットコイン2021年4月 プラス5倍トラッカー1回 4月 15,000米ドル、村田製作所<6981>コール186回 3月 8,500円、ビットコイン2021年4月 マイナス3倍トラッカー1回 4月 60,000米ドル、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>コール326回 3月 490円、日本電産<6594>プット130回 3月 12,750円などが見られる。



上昇率上位は住友金属鉱山<5713>コール252回 3月 5,250円(+35.6%)、東京エレクトロン<8035>コール290回 3月 45,000円(+34.4%)、住友金属鉱山コール251回 3月 5,000円(+31.1%)、オリンパス<7733>プット13回 3月 2,200円(+30.5%)、オリンパスプット11回 3月 2,000円(+30.3%)などとなっている。



(eワラント証券)