30日の上海総合指数は売り先行。前日比0.19%安の3468.302ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時36分現在、0.44%安の3459.669ptで推移している。経済指標の悪化が警戒されている。4月の製造業購買担当者景気指数(PMI、政府版)は51.1となり、前月の51.9と市場予想51.8を下回った。また、あすからメーデーの大型連休(5月1-5日)がスタートするため、積極的な買いは手控えられている。