6月21日-25日週に発表される主要経済指標の見通しについては以下の通り。



■23日(水)午後5時発表予定

○(欧)6月マークイットユーロ圏製造業購買担当者景気指数-予想は62.6

参考となる5月実績は63.1。経済活動の正常化によって、新規受注は増加傾向にあるようだ。欧州中央銀行(ECB)による大規模な金融緩和策は製造業を支援している。ユーロ圏の雇用情勢も改善しつつあることから、6月は5月実績に近い数値になるとみられている。



■23日(水)午後10時45分発表予定

○(米)6月マークイット製造業購買担当者景気指数-予想は61.8

参考となる5月実績は62.1。米国製造業活動の正常化を受けて指数は60超で高止まりとなる可能性があり、市場予想は妥当な水準。各種経済活動の拡大によって新規受注は良好であり、7月も61程度を維持する可能性がある。



■24日(木)午後9時30分発表予定

○(米)5月耐久財受注-予想は前月比+3.0%

参考となる4月実績は-1.3%。半導体の供給不足が続いている自動車・同部品の受注が主に減少。ただ、企業設備投資の先行指標となる「航空機を除く非国防資本財」(コア資本財)は2カ月連続でプラスとなった。5月については4月に減少した反動で全体の受注額は増える見込みだが、半導体の供給不足はしばらく解消されないことから、市場予想を上回る大幅な受注増となる可能性は低いとみられる。



■25日(金)午後9時30分発表予定

○(米)5月PCEコア価格指数-予想は前年比+3.5%

参考となる5月消費者物価コア指数は前年比+3.8%で市場予想を上回った。原材料価格の上昇や各種サービス価格は持ち直していることから、5月のPCEコア価格指数の上昇率は4月実績の前年比+3.1%を上回る可能性が高い。



○その他の主な経済指標の発表予定

・22日(火):(米)5月中古住宅販売件数

・23日(水):(独)6月マークイット製造業PMI、(欧)6月マークイットユーロ圏サービス業PMI、(英)6月マークイット製造業PMI、(米)6月マークイットサービス業PMI、

(米)5月新築住宅販売件数

・24日(木):(独)IFO6月企業景況感指数、(英)英中央銀行MPC金融政策発表、(米)1-3月期国内総生産確定値

・25日(金):(NZ)5月貿易収支