5日の上海総合指数は売り先行。前日比0.19%安の3520.20ptで寄り付いた後は、日本時間午前11時2分現在、0.26%安の3517.86ptで推移している。中国共産党の重要会議、第19期中央委員会第6回全体会議(6中全会)が来週に開かれる予定となり、神経質な展開となっている。また、国内での新型コロナウイルス感染の再拡大に伴う経済回復ペースの鈍化懸念も引き続き警戒されている。