10日の上海総合指数は売り先行。前日比0.23%安の3498.94ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時59分現在、0.78%安の3479.80ptで推移している。米中関係の悪化懸念が圧迫材料となっている。また、8日に開幕した中国共産党の重要会議、第19期中央委員会第6回全体会議(6中全会)が11日まで開催されており、見極めるムードも強い。一方、経済活動の正常化期待などが引き続き指数をサポートしている。