新規買いは原資産の株価上昇が目立つ日本郵船<9101>コール142回 1月 9,000円を順張り、任天堂<7974>コール442回 1月 50,000円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つ丸井グループ<8252>プット21回 1月 2,250円を順張り、東海旅客鉄道<9022>プット40回 12月 17,500円を順張り、イオン<8267>プット33回 12月 2,950円を順張りで買う動きなどが見られる。



手仕舞い売りとしてはイーサリアム先物インデックスリンク債_2024年 トラッカー1回 5月 1.0米ドル、野村日経225ダブルインバースETF プラス5倍トラッカー32回 1月 140円、ビットコイン2021年12月 プラス5倍トラッカー3回 12月 40,000米ドル、イーサリアム2021年12月 プラス5倍トラッカー3回 12月 2,550米ドルなどが見られる。



上昇率上位は商船三井<9104>コール117回 12月 8,600円(+50.0%)、東急<9005>プット18回 12月 1,650円(+34.6%)、商船三井コール122回 1月 8,700円(+34.6%)、ビットコイン2022年1月 プラス5倍トラッカー3回 1月 56,000米ドル(+34.2%)、任天堂コール439回 12月 52,000円(+33.3%)などとなっている。



(カイカ証券)