17日の上海総合指数は買い先行。前日比0.02%高の3522.08ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時58分現在、0.19%高の3527.83ptで推移している。成長鈍化が予測されているなか、景気対策への期待が高まっている。なお、昨年10-12月期の国内総生産(GDP)などはきょう17日に発表される予定だ。一方、国内外での新型コロナウイルス感染の増加が引き続き警戒されている。