新規買いは原資産の株価下落が目立つリクルートホールディングス<6098>プット95回 2月 5,100円を順張り、富士通<6702>コール237回 2月 20,000円を逆張りで買う動きなどが見られる。



手仕舞い売りとしては日本電産<6594>コール204回 2月 13,000円、イーサリアム2022年2月 プラス5倍トラッカー2回 2月 2,900米ドルなどが見られる。



上昇率上位はユニ・チャーム<8113>プット86回 2月 3,400円(前日比2.1倍)、サイバーエージェント<4751>プット119回 2月 1,550円(前日比2.1倍)、ユニ・チャームプット87回 2月 4,150円(前日比2倍)、ファナック<6954>コール249回 2月 27,000円(前日比2倍)、日東電工<6988>プット158回 2月 7,400円(+79.2%)などとなっている。



(カイカ証券)