新規買いは原資産の株価上昇が目立つAGC<5201>コール139回 6月 4,850円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つオリエンタルランド<4661>コール187回 6月 23,000円を逆張り、日立建機<6305>コール107回 6月 3,050円を逆張り、イビデン<4062>コール127回 6月 5,800円を逆張りで買う動きなどが見られる。



手仕舞い売りとしてはエヌビディアコール146回 6月 290米ドル、キーエンス<6861>コール160回 6月 55,000円、トヨタ自動車<7203>プット310回 6月 2,000円、AGCコール139回 6月 4,850円などが見られる。



上昇率上位はメタ・プラットフォームズコール156回 5月 210米ドル(前日比51倍)、メタ・プラットフォームズコール160回 6月 240米ドル(前日比11倍)、メタ・プラットフォームズコール159回 6月 210米ドル(前日比6.7倍)、日立建機プット99回 5月 2,450円(前日比3.5倍)、オリエンタルランドプット148回 5月 15,000円(前日比3.2倍)などとなっている。



(カイカ証券)