新規買いは原資産の株価上昇が目立つ日本郵船<9101>コール160回 7月 11,300円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つアサヒグループホールディングス<2502>コール137回 6月 4,350円を逆張り、電通<4324>コール107回 6月 4,700円を逆張りで買う動きなどが見られる。



手仕舞い売りとしてはトヨタ自動車<7203>コール375回 6月 2,000円などが見られる。



上昇率上位はアサヒグループホールディングスプット130回 6月 3,050円(前日比3倍)、アサヒグループホールディングスプット131回 6月 3,700円(前日比2.9倍)、アサヒグループホールディングスプット132回 6月 4,350円(前日比2.5倍)、アサヒグループホールディングスプット133回 7月 3,200円(+85.5%)、アサヒグループホールディングスプット134回 7月 3,850円(+75.2%)などとなっている。



(カイカ証券)