新規買いは原資産の株価上昇が目立つ太平洋セメント<5233>プット122回 7月 2,100円を逆張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つ東京エレクトロン<8035>コール340回 7月 72,000円を逆張りで買う動きなどが見られる。



手仕舞い売りとしては日経平均 プラス5倍トラッカー87回 7月 25,000円、日経平均コール2175回 7月 28,500円などが見られる。



上昇率上位は太平洋セメントコール131回 7月 2,700円(前日比2.5倍)、太平洋セメントコール130回 7月 2,400円(前日比2.3倍)、メタ・プラットフォームズプット139回 7月 160米ドル(前日比2.3倍)、太平洋セメントコール129回 7月 2,100円(+80.3%)、メタ・プラットフォームズプット140回 7月 190米ドル(+72.4%)などとなっている。



(カイカ証券)