新規買いは原資産の株価上昇が目立つトヨタ自動車<7203>コール381回 8月 2,050円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つ三菱重工業<7011>コール188回 7月 5,000円を逆張り、野村総合研究所<4307>コール65回 8月 3,850円を逆張りで買う動きなどが見られる。



上昇率上位は三菱重工業プット169回 7月 4,350円(+63.1%)、三菱重工業プット168回 7月 3,700円(+55.0%)、三菱重工業プット167回 7月 3,050円(+50.0%)、川崎重工業<7012>プット74回 7月 2,400円(+30.8%)、野村総合研究所プット58回 7月 3,500円(+30.6%)などとなっている。



(カイカ証券)