19日の上海総合指数は買い先行。前日比0.02%高の3278.72ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時50分現在、0.10%安の3274.92ptで推移している。内外の景気鈍化が警戒され、売りがやや優勢。一方、景気対策への期待が引き続き支援材料となっている。また、不動産ローン問題の過度な警戒感が薄らいだことも指数を下支えしている。