原資産の株価下落が目立つアイシン<7259>プット57回 8月 3,900円を順張りで買う動きなどが見られる。



手仕舞い売りとしては信越化学工業<4063>コール221回 8月 18,500円、オリンパス<7733>コール68回 9月 2,700円、三菱重工業<7011>コール193回 9月 5,100円、ファナック<6954>コール270回 9月 23,500円などが見られる。



上昇率上位は金リンク債コール397回 8月 1,850米ドル(前日比2.3倍)、銀リンク債コール120回 9月 28米ドル(前日比2倍)、銀リンク債コール112回 8月 20米ドル(前日比2倍)、銀リンク債コール118回 9月 23米ドル(+80.0%)、信越化学工業 コール222回 8月 21,000円(+66.7%)などとなっている。



(カイカ証券)