新規買いは原資産の株価下落が目立つユニ・チャーム<8113>プット111回 10月 4,200円を順張り、信越化学工業<4063>コール227回 10月 17,000円を逆張りで買う動きなどが見られる。



手仕舞い売りとしては三菱重工業<7011>コール196回 10月 5,000円、米ドルリンク債コール1377回 10月 140円などが見られる。



上昇率上位は銀リンク債プット122回 10月 16米ドル(前日比2倍)、IHI<7013>プット69回 10月 3,000円(+23.4%)、IHI プット70回 10月 3,550円(+22.2%)、三菱重工業 プット177回 10月 4,250円(+20.0%)、ソフトバンク<9434>プット75回 10月 1,050円(+20.0%)などとなっている。



(カイカ証券)