2日の上海総合指数は売り先行。前日比0.29%安の2960.64ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時54分現在、0.07%高の2971.38ptで推移している。景気対策への期待が高まっていることが支援材料。一方、元安進行が中国株の売り圧力を高めた。また、米連邦公開市場委員会(FOMC)結果発表を控え、慎重ムードも強い。