11月14日−18日週に発表される主要経済指標の見通しについては、以下の通り。



■14日(月)午後7時発表予定

○(欧) ユーロ圏9月鉱工業生産-予想は前月比+0.1%

参考となる8月実績は、前月比+1.5%。製造業が投資を拡大した。資本財や消費財の生産もまずまず増加した。ただ、9月については8月に増加した反動で資本財なの生産は伸び悩み、全体的には横ばいか、小幅な伸びにとどまる可能性がある。



■15日(火)午前8時50分発表予定

○(日)7-9月期国内総生産速報値-予想は前期比年率+1.2%

項目別にみると、個人消費は前期比微増、設備投資はやや増加。中国の都市封鎖による供給網の混乱から回復してきた輸出がやや増加し、国内需要の回復で輸入もやや増加する見通しとなるため、成長率押し下げの要因となる。



■16日(水)午後10時30分発表予定

○(米)10月小売売上高-予想は前月比+0.9%

参考となる9月実績は前月比横ばい。売上高の減少は13業種中7業種に及んだ。高インフレは消費者の購買意欲を低下させる要因となった。業種別にみると、ガソリンスタンドの売上高が減少。10月については9月に伸び悩んだ反動で高インフレの影響はあるものの、やや高い伸びとなる可能性がある。



■18日(金)午前8時30分発表予定

○(日)10月全国消費者物価コア指数-予想は前年比+3.5%

9月は原材料高や歴史的な円安で生鮮食品を除く食料の伸びが続いたほか、家庭用耐久財も上伸。宿泊料も上昇。9月は前年比+3.0%で8月実績を上回った。中古車価格、住居費の上昇率の高止まりなどの影響があった。10月については、住居費や電気料金の上昇を考慮するとインフレ率は9月実績を上回る可能性が高い。



○その他の主な経済指標の発表予定

・15日(火):(中)10月小売売上高、(中)10月鉱工業生産、(欧)7-9月域内総生産改定値

・16日(水):(日)9月コア機械受注、(英)10月消費者物価コア指数

・17日(木):(日)10月貿易収支、(米)10月住宅着工件数

・18日(金):(英)10月小売売上高、(米)10月中古住宅販売件数