11月6日−10日週に発表される主要経済指標の見通しについては、以下の通り。



■7日(火)午後10時30分発表予定

○(米)9月貿易収支-予想は-605億ドル

参考となる8月実績は−583億ドルで赤字幅は縮小。9月については財・サービスの輸入が急増する可能性は低いこと、資本財の輸出はまずまず順調とみられており、赤字幅は8月実績と大差のない水準にとどまる見込み。



■9日(木)午前8時50分発表予定

○(日)9月経常収支-予想は+30008億円

参考となる8月実績は+2兆2797億円。エネルギー資源の輸入価格が下落し、貿易収支が改善したことが要因。9月については第一次所得収支の黒字幅は高水準とみられており、貿易収支に大きな変化はないことから、黒字幅は8月実績を上回る見込み。



■9日(木)午前10時30分発表予定

○(中)10月消費者物価指数-予想は前年比-0.2%

参考となる9月実績は前年比0.0%で予想を下回った。内需の回復は遅れており、不動産セクターの減速が警戒されていることから、10月のインフレ率も低い伸びにとどまる見込み。



■10日(金)日本時間11日午前0時発表予定

○(米)11月ミシガン大学消費者信頼感指数速報-10月実績は63.8

参考となる10月実績は63.8。11月についてはインフレ鈍化の思惑がやや後退していること、中東情勢の悪化で原油高が警戒されており、消費者信頼感指数は10月実績と差のない水準にとどまる可能性がある。



○その他の主な経済指標の発表予定

・7日(火):(中)10月貿易収支、(豪)豪準備銀行政策金利発表、(欧)9月ユーロ圏生産者物価指数

・8日(水):(欧)9月ユーロ圏消小売売上高

・10日(金):(英)7−9月期国内総生産