ドル・円は111円30銭台で下値の堅い展開。日経平均株価は20000円台で伸び悩んでおり、積極的なドル買い・円売りは手控えられているもよう。ただ、米NY原油先物(WTI)が43ドル台と前週の水準からはやや持ち直し、欧米株の反転を期待した動きも観測される。



ここまでのドル・円の取引レンジは111円16銭から111円35銭、ユーロ・円は124円45銭から124円68銭、ユーロ・ドルは1.1191ドルから1.1200ドルで推移した。