17日のニューヨーク外為市場でドル・円は、112円33銭から112円87銭まで上昇した。

米債利回りの低下に伴うドル売りが優勢となったのち、対欧州通貨でのドル高の流れに連れ、ストップロスを巻き込んで上昇。




ユーロ・ドルは、1.1461ドルから1.1487ドルまで上昇した。
ユーロ・円は、128円80銭から129円47銭まで上昇。




ポンド・ドルは、1.3079ドルから1.3051ドルへ下落。英国と欧州連合(EU)は離脱交渉を再開したが、閣僚間の抗争が激化しているとも報じられ警戒感が再燃しポンド売りに拍車がかかった。




ドル・スイスは、0.9602フランから0.9635フランまで上昇した。




[経済指標]
・米・7月NY連銀製造業景気指数:9.8(予想:15.0、6月:19.8)