以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家 藤川里絵氏(ブログ:オレンジーナ通信、ツイッター:@Forangina」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。



----



※2017年7月16日20時



わたしが受け持つ株のクラスでは、女性の割合が7割近くと非常に高く、一見するとアロマテラピーのクラス?と思ってしまうような華やかな雰囲気です。この傾向は、数年前からで、女性の株式投資家が以前よりも増えていることは確かです。



とはいえ、日本全体で見たらまだまだ女性の投資家はめずらしい存在ではないでしょうか?興味はあるけど、いったいどんな株を買ったらいいのか、まったく見当がつかないという女性も多いようです。



株選びは、そんなにむずかしく考える必要はありません。ヒントは家の中、もっと狭めると「キッチンの中」にたくさんあります。わたしがよく投資対象にするのも、キッチン株です。今回はみなさんにも馴染みのあるキッチン株をご紹介しましょう。





<キッチン株その1> ブルボン<2208>

ルマンド、チョコリエール、アルフォート、エリーゼ、ルーベラ……..。食べたことない人はいないのではないでしょうか?お茶の間の定番お菓子として不動の地位を築いています。



業績はどっしりと安定しており、直近は連続増収増益。ブルボンの素晴らしいところは、ロングセラーの定番シリーズがしっかり稼いでいるだけでなく、画期的なニューフェイスもヒットさせていることです。たとえば、スライスチーズのようなビジュアルの”スライス生チョコレート”。そうきたか!と膝を打ちたくなるような新鮮なおどろきを与えてくれる商品です。さらに”ルマンドアイス”。残念ながらこちらは地域限定商品ですが、かなりの人気っぷりで、東京で開催された期間限定ショップには、前日から並ぶ人もいたとか。わたしはまだ食べたことありませんが、おいしくないわけがありませんね。





<キッチン株その2> エスビー<2805>

あの赤い缶のカレー粉、キッチンの戸棚に常備している人は多いと思います。もしお子さんがいるならカレーの王子様、大人はゴールデンカレー、オシャレ女子ならパクチーやベビーリーフ、料理好きなら各種スパイス、といったように、どんな家族構成もカバーする幅広い品揃え。わが家のキッチンにも複数のエスビー製品が常備されています。



先日は、カレールー、わさび、パスタソースなどうれしい優待が届きました。こちらも業績好調で、株価ははここ1年でキレイな上昇トレンドを描いています。





<キッチン株その3> 養命酒製造<2540>

1602年創業の老舗。祖母が夜寝る前にいつも養命酒を飲んでいました。1年ほど前からわたしも寝る前に飲んでいます。とっても苦い。良薬口に苦し。ただ、むかしほどどこの家庭にもあるという状態ではないらしく、養命酒自体の売上は低迷中。その代わり、最近は、若い女性向けにハーブやはちみつのお酒も展開しており、こちらは好評のようです。



これだけ長く続いているのはおそらく堅実な経営を心がけているからでしょう。財務が磐石で、有利子負債がゼロ!いわゆる無借金経営です。潤沢な資金を生かして、これから新たな販路を開拓してくれることを期待しています。



といったように、いつものキッチンをちょっと違った視点で見てみると、投資のヒントがたくさん転がっています。まずは身近なところから、投資対象を見つけてみてはいかがでしょう?









----

執筆者名:藤川里絵

ブログ名:オレンジーナ通信