ドル・円は112円付近まで値を下げており、本日安値圏で推移。米10年債利回りが一時2.3%を割り込むなど低下し、ドル売りが強まりやすい地合いが続く。ただ、ある市場筋は「111円台は買い場と考えている投資家は多い」と指摘しており、下値は堅そうだ。



ここまでのドル・円の取引レンジは111円99銭から112円69銭、ユーロ・円は129円06銭から129円58銭、ユーロ・ドルは1.1472ドルから1.1538ドルで推移した。