ドル・円は112円付近での推移が続く。日経平均株価が2万円の大台を下回って取引を終えたほか、欧米株式先物のマイナス圏推移でややリスク回避の円買いに振れやすい。ただ、米国10年債利回りが2.3%付近でいったん下げ止まっており、ドル売りはやや後退気味になっている。



 ここまでのドル・円の取引レンジは111円99銭から112円69銭。ユーロ・円は129円06銭から129円58銭、ユーロ・ドルは1.1472ドルから1.1538ドルで推移。