ドル・円は112円30銭台へとやや値を戻す展開となっている。米国10年債利回りが2.31%台を回復するなど持ち直し、ドルの買い戻しが観測される。ただ、欧州株式市場はほぼ全面安で寄り付いたほか、米株式先物がマイナス圏で推移していることで、円売りが進みにくく、ドル・円の戻りは限定的となりそうだ。



 ここまでのドル・円の取引レンジは111円99銭から112円69銭。ユーロ・円は129円06銭から129円58銭、ユーロ・ドルは1.1472ドルから1.1538ドルで推移。