ドル・円はじり安となり、112円10銭台に値を下げる展開。ユーロ・ドルの買いが再開し、ドル売りの影響でドル・円は弱含んでいるもよう。ただ、ユーロ・円や豪ドル・円が上昇しており、ドル・円の下げ足は緩やかな感じになっている。また、米株式先物の堅調地合いが続き、今晩の米株高が見込まれ、円は買い進めにくい面も。



 ここまでのドル・円の取引レンジは112円17銭から112円38銭。ユーロ・円は129円36銭から129円75銭、ユーロ・ドルは1.1517ドルから1.1560ドルで推移。