ドル・円は値を戻す展開だったが、足元は失速し、112円付近で推移している。ユーロ・円がやや値を下げており、ドル・円の値動きに波及したもよう。ただ、ランチタイムの日経平均先物は小幅高で推移。目先の日本株高継続を期待した円売りに振れやすく、ドルの下値は堅そうだ。



ここまでのドル・円の取引レンジは111円88銭から112円14銭、ユーロ・円は129円20銭から129円54銭、ユーロ・ドルは1.1541ドルから1.1557ドルで推移した。