反発。売り先行で始まったが、前日の価格水準でのこう着が続く中、辛うじて2万円の大台を回復している。ボリンジャーバンドでは-1σでの攻防となり、-1σと中心値(25日)とのレンジをキープしている。5日、25日線を下回っての推移となっているが、5日、25日線との短期デッドクロスが示現。ただし、5日ぶりに陽線を形成しており、引き続き2万円割れでの底堅さが意識されている。一目均衡表では転換線、基準線に上値を抑えられており、支持線として意識される雲上限に接近。遅行スパンについては実線が切り下がっているところであり、上方シグナルが継続している。週間形状では引き続き13週線を上回っての推移が続いているほか、ボリンジャーバンドでは+1σと+2σとのレンジを継続している。足元のトレンドは弱含みではあるが、下値の堅さから弱きにはなりづらいところ。