ドル・円は112円00銭まで値を下げる展開。欧州株は小幅高安まちまち、日経225先物がナイトセッションで2万円を割り込み、ややリスク回避的な円買いに振れているようだ。また、明日の欧州中央銀行(ECB)理事会を前にユーロ・円には利益確定とみられる売りが観測され、ドル・円の押し下げ要因となっているもよう。



 ここまでのドル・円の取引レンジは112円00銭から112円17銭、ユーロ・円は129円10銭から129円22銭、ユーロ・ドルは1.1515ドルから1.1532ドルで推移。