ドル・円は112円台を回復。日銀金融政策決定会合の終了待ちのなか、「異次元緩和」の継続を見込んだ円売りがドルを小幅に押し上げたもよう。また、堅調地合いの続く日経平均株価も、ドル買い・円売りを支援しているようだ。





ここまでのドル・円の取引レンジは111円77銭から112円06銭、ユーロ・円は128円81銭から129円08銭、ユーロ・ドルは1.1511ドルから1.1533ドルで推移した。