ドル・円は112円付近でもみあう展開。日銀による金融緩和策の維持を背景とした円売りは一巡しつつあるようだ。また、米10年債利回りが2.268%で伸び悩んでおり、ドル買いも仕掛けづらい。ただ、日本株高で円売りが継続しており、ドルの下値は堅そうだ。



ここまでのドル・円の取引レンジは111円77銭から112円17銭、ユーロ・円は128円81銭から129円16銭、ユーロ・ドルは1.1505ドルから1.1533ドルで推移した。