21日午前の東京外為市場で、ドル・円はもみあい。具体的な材料が乏しいなか、積極的な売り買いは手控えられ、方向感の乏しい値動きとなった。



ドル・円は、前日NY市場のドル売りの流れを受け継ぎ、111円90銭付近で寄り付いた。その後、日経平均株価の下げ幅縮小などでややドル買い・円売り基調となった。



正午にかけては米10年債利回りが2.26%を割り込み、ドルは失速。ただ、ランタイムの日経平均先物は下げ幅を縮小しており、目先の日本株反転を期待した円売りも観測される。



ここまでのドル・円の取引レンジは111円81銭から112円07銭、ユーロ・円は130円02銭から130円28銭、ユーロ・ドルは1.1619ドルから1.1636ドルで推移した。





【要人発言】



・豪準備銀総裁補佐

「世界的な低金利が豪ドルの押し上げ圧力になっている」

「豪州の金利は世界の他の中銀に沿った上昇をする必要はない」



・ジョイスNZ財務相

「NZドルは強い経済を反映」

「NZ企業は現行水準のNZドルにうまく対応している」