ユーロ・ドルは1.16ドル台を維持。前日の欧州中銀(ECB)のドラギ総裁による発言で早期引き締め期待が高まり、ユーロ買い・ドル売り基調が強まった。足元は2年ぶりの高値圏。ある市場筋は「週末の利益確定売りなどは観測されていない」と述べ、ユーロの地合いの強さを指摘している。



ここまでのドル・円の取引レンジは111円81銭から112円07銭、ユーロ・円は130円02銭から130円28銭、ユーロ・ドルは1.1619ドルから1.1636ドルで推移した。