反落。利食い先行で始まった後は一時下げ幅を縮める場面も見られたが、プラス圏を回復することはできず、その後は5日、25日線レベルでの攻防となった。引き続き底固さは意識されているが、ボリンジャーバンドでは中心値(25日)と+1σとのレンジ内での推移。一目均衡表では雲上限が支持線として意識されている。遅行スパンは実線が下がっているところであり、上方シグナルが継続。週間形状では13週線が支持線として機能しており、こう着ながらも弱気にもなりづらいところで、トレンド発生待ちに。