ドル・円は一段安となり、111円50銭台に値を下げる展開。ユーロ・ドルの上昇はいったん収束したもようだが、米国10年債利回りの低下に歯止めがかからず、足元は2.23%台まで下げている。また、欧州株式市場で主要指数が下げに転じており、円買いも優勢になっているようだ。



 ここまでのドル・円の取引レンジは111円54銭から111円79銭。ユーロ・円は129円85銭から130円21銭、ユーロ・ドルは1.1636ドルから1.1659ドルで推移。