NY金先物8月限は6日続伸(COMEX金8月限終値:1254.90 ↑9.40)。1242.80ドルから1255.90ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。米大統領報道官の辞任を受けてトランプ政権に対する懸念が再燃。為替市場では、ドルが主要通貨に対して弱含む格好となったことから、金はしっかりの展開となった。日足チャートでは、25日移動平均線や200日移動平均線が位置する1240ドル水準を上抜けている。