24日午前の東京市場でドル・円は軟調推移。日経平均株価は175円安で推移しており、株安を意識した円買い・米ドル売りが観測されている。米長期金利の低下やトランプ政権に対する警戒感は消えていないことから、ドルの上値は重くなっている。ここまでのドル・円の取引レンジは110円77銭から111円21銭。

・ユーロ・円は、129円32銭から129円77銭で推移

・ユーロ・ドルは、1.1665ドルから1.1684ドルで推移



■今後のポイント

・110円近辺で顧客筋、個人勢のドル買い興味

・1ドル=112円-115円で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性



・NY原油先物(時間外取引):高値45.77ドル 安値45.58ドル 直近値45.63ドル