24日のロンドン外為市場では、ドル・円は110円91銭から110円62銭まで下落している。米国のトランプ政権内の混乱から経済政策の実施が遅れるとの懸念が広がるなか、欧米株が全般的に下げ、米国10年債利回りも低下気味となり、ドル売り・円買いが優勢になっている。



 ユーロ・ドルは1.1639ドルから1.1660ドルで推移し、ユーロ・円は128円91銭から129円16銭で推移している。独PMIの下振れを受けたユーロ売りは一服しているもよう。



 ポンド・ドルは1.3003ドルから1.3049ドルまで上昇。ドル・スイスフランは0.9466フランから0.9446フランまで下落している。