24日のニューヨーク外為市場でドル・円は、110円77銭から111円32銭まで上昇した。

米連邦準備制度理事会(FRB)が今週予定している連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて、米債利回り上昇に伴うドル買いが再開した。




ユーロ・ドルは、1.1658ドルから1.1626ドルまで下落した。ユーロ圏の製造業PMIが予想を下回ったため早期のテーパリング観測を織り込むユーロ買いが後退。

ユーロ・円は、129円02銭から129円49銭まで上昇。




ポンド・ドルは、1.3058ドルへ上昇後、1.3014ドルへ反落した。





ドル・スイスは、0.9452フランから0.9470フランへ上昇した。




[経済指標]
・米・6月中古住宅販売件数:552万戸(予想:557万戸、5月:562万戸)
・米・7月製造業PMI速報値:53.2(予想:52.3、6月:52.0)
・米・7月サービス業PMI速報値:54.2(予想54.2、6月:54.2)
・米・7月総合PMI速報値:54.2(6月:53.9←53.0)