ドル・円は111円を割り込み、一時110円95銭まで値を下げた。足元は111円を挟んでもみあう展開。午前中からみられた輸入企業など国内勢によるドル買いが一巡したもよう。ただ、日経平均先物がプラス圏に転じ、目先は円買いが弱まる可能性はあろう。



ここまでのドル・円の取引レンジは110円94銭から111円34銭、ユーロ・円は129円33銭から129円57銭、ユーロ・ドルは、1.1631ドルから1.1659ドルで推移した。