ドル・円は一時本日安値圏の111円80銭台でもみあう展開となった。日経平均株価は上げ幅を100円以下に縮小しており、朝方からみられたリスク選好的なドル買い・円売りはやや弱まったようだ。今晩の米連邦準備制度理事会(FRB
)による政策決定を前に動きづらいなか、なお株価にらみの取引が続きそうだ。



ここまでのドル・円の取引レンジは111円84銭から112円09銭、ユーロ・円は130円27銭から130円50銭、ユーロ・ドルは1.1638ドルから1.1650ドルで推移した。