26日のマザーズ先物は小幅高。2pt高の1170ptで取引を終えた。高値は1175pt、安値は1169pt。出来高は210枚。本日のマザーズ先物は、前日比ほぼ変わらずのスタートとなった。その後、好業績銘柄中心に買われた225先物など主力処の様子見ムードが強まるなか、値動きの軽い中小型株物色が強まるとの思惑から、マザーズ先物が強含む場面があった。しかし、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表などを控えて上値は重く、方向感の掴みにくい展開となった。



個別では、マザーズ時価総額上位のミクシィ<2121>やアカツキ<3932>が続伸となり、ゲーム関連株の一角がしっかりとした動きをみせた。