ドル・円は本日のドル安値圏の111円80銭台に値を下げる展開。ユーロ・円が夕方にかけての弱含みとなった動きに連れた値動き。また、米国10年債利回りが2.32%台から2.31%台に低下しており、ドル売りに振れやすい地合いとなっている。ただ、欧州株式市場は安寄り後に切り返す指数がみられ、リスク回避な円買いは進めにくい感じもある。



 ここまでのドル・円の取引レンジは111円81銭から112円09銭。ユーロ・円は130円09銭から130円50銭、ユーロ・ドルは1.1621ドルから1.1654ドルで推移。