4営業日ぶりに反発。節目の2万円を回復して始まり、一時20100円を回復する場面もみ
られた。ただし、25日線が上値抵抗として意識されており、その後は上げ幅を縮小。
一方で、下値は5日線が支持線として意識されてきており、2万円はキープする底堅さ
がみられている。一目均衡表では雲上限が支持線として機能する格好で下値を切り上
げてきており、基準線、転換線での攻防に。遅行スパンは、実線が20100-20200円処で
のもち合いが続いている水準を下回って推移しており、下方シグナルが継続してい
る。まずは2万円処での底固めから価格帯別出来高が積み上がっている20000-20200円
のレンジ突破を見極める展開が続きそうだ。