ドル・円は一時111円78銭まで値を下げたが、足元は111円80銭台で推移。米国10年債利回りが2.32%付近まで小幅に戻したことで、ドル売りはいったん後退したもよう。また、ユーロ・円が130円に回復したこともドル・円の下支えになったとみられる。欧州株は全般的に上昇している。



 ここまでのドル・円の取引レンジは111円78銭から111円90銭。ユーロ・円は129円94銭から130円13銭、ユーロ・ドルは1.1613ドルから1.1634ドルで推移。